新型コロナウイルス感染症対策

よくあるご質問FAQ

FAQ よくあるご質問

PCR検査

  • 抗体検査との違いは何ですか?

  • PCR検査は現在ウイルスが体内に存在しているかを調べます。
    抗体検査は過去に感染したことがあるかを調べることができます。

  • 感染機会からどの程度の期間を空けてからの採取が良いですか?

  • 一般的に潜伏期間は平均5~7日間程度と言われております。ただし、新型コロナウイルスの潜伏期間は個人差が大きい(1~14日)ため、陽性が出た場合に、検体採取日から逆算していつ感染したかを特定することは困難です。何卒ご了承くださいませ。

  • 検査結果が出るまでにどれくらいの時間がかかりますか?

  • 検体が午前中に検査機関に到着の場合は、その日中に検査結果をご確認いただけます。

  • 採取された検体が輸送中に形質変化することで、検査結果が正しく出ないということはありますか?

  • 検体返送には冷蔵便を採用しております。冷蔵での検体の保存性は7日間とされておりますので、採取後速やかにご返送いただければ問題ございません。

  • 検査の対象年齢は何歳からですか?

  • 特別に対象年齢を設けておりませんが、基本的には自己採取となりますので、自分で採取できる方はどなたでもご利用いただけます。

  • 検査結果の精度はどれほどですか?

  • 新型コロナウイルスPCR検査は、検体採取(検体を採る場所やタイミング)や検体保存の条件などで、偽陽性(本当は新型コロナウイルスに感染していないのに、検査で陽性と出ること)、偽陰性(本当は新型コロナウイルスに感染しているのに、検査で陰性と出ること)が起こることがあります。
    新型コロナウイルス感染症については、実際に感染していることの把握が難しいため、偽陽性および偽陰性の正確な割合は明確ではありませんが、感度(新型コロナウイルスに感染している人で、PCR検査が陽性となる割合)は50~70%程度、特異度(新型コロナウイルスに感染していない人で、PCR検査が陰性となる割合)は99%程度と考えられています。
    また、無症状の方のPCR検査において、鼻咽頭ぬぐい液と唾液の検体種の比較につきましては90%程度の陽性者一致率・ならびに陰性者一致率が確認されております。
    ※『感度』とは実際に新型コロナに感染しているときに、正しく陽性が出る確率を示します。
    ※『特異度』は新型コロナではないときに、正しく陰性が出る確率を示します。

  • 陽性結果が出た場合はどうすればいいですか?

  • お住まいの地域の医療機関に本検査結果の内容をお伝えいただき、その後の対応をご相談ください。

  •   

抗体検査キット

  • 抗体とはなんですか?

  • 抗体とはウイルスが体内に入ってきた時にウイルスを体内から除去しようと身体が作り出すタンパク質を指します。ウイルスに結合することでウイルスを排除します。したがってあるウイルスに対する抗体があるということを調べることで、過去の罹患歴がわかることになります。

  • 新型コロナウイルスの抗体についておしえてください。

  • 新型コロナウイルス自体はまだ不明なことが多く、通常の抗体ではウイルスが消滅後に抗体ができますが、コロナウイルスの場合はウイルスが体内にある状態でも抗体ができることがわかっております。そのため抗体検査陽性時にはPCR検査受検のご案内もしております。

  • 抗体検査で何がわかりますか?

  • 「現在感染しているかの検査」ではなく、「過去の感染の有無を判定」することができます。一般的には2週間前の罹患を判定できます。

  • PCR検査との違いはなんですか?

  • PCR検査は現在ウイルスが体内に存在しているかを調べます。抗体検査は過去に感染したことがあるかを調べることができます。

  • 今回の抗体検査はどのようなものですか?

  • スイスの「ロシュ・ダイアグノティックス社」製の試薬を使用し、検査装置を用いて検査を実施いたします。この検査は、アメリカやイギリスで既に承認済みで、厚生労働省が実施をした疫学調査でも採用されております。

  • 検査結果の精度はどの程度ですか?

  • 測定試薬の特異度は99.8%、感度はPCR陽性確認後0~6日で65.5%、7~13日で88.1%、14日以上で100%となっております。
    検査工程に関しては、臨床検査技師が細心の注意を払いながら検査実施いたします。
    ※『感度』とは実際に新型コロナに感染しているときに、正しく陽性が出る確率を示します。
    ※『特異度』は新型コロナではないときに、正しく陰性が出る確率を示します。

  • 簡易検査キットとの違いは?

  • 簡易検査キット等との優位さを示す比較検証はされておりませんが、日本感染症学会の発表では以下のような検証がされております。
    参照:「抗新型コロナウイルス抗体の検出を原理とする検査キット 4種の性能に関する予備的検討」
    新型コロナウイルス抗体検査簡易キットについては、キット間での診断性能に大きく差があること。また、弊社検査で採用しておりますELISA法等での検査実施が望ましいとの考察がなされております。

  • 陽性が出た際はどうすればいいですか?

  • 現在症状が全くない場合、抗原検出の検査(PCR検査等)は必ずしも必要としませんので、2週間、マスク着用の徹底を心がけ他者との接触をできる限り避けるなどして周囲への感染を防ぐ配慮をお願いします。
    現在の感染の可能性が心配である場合や新型コロナウイルス感染を疑う症状が顕在化してきた場合にはお住まいの地域の保健所(帰国者・接触者相談センターまたは新型コロナウイルス受診相談センター)にご相談ください。

  • 抗体検査が陽性ということは現在感染しているということですか?

  • 「過去にコロナウイルスに感染したことがある可能性が高い」ということがわかります。体内からウイルスが消えて治癒しているかどうかは抗体検査だけではわかりません。

  • 抗体検査が陽性であれば、「免疫を獲得」したので安心して出歩いて大丈夫ですか?

  • 測定している抗体が「中和抗体(感染を防御する抗体)」であるかどうかまだわかっていません。新型コロナウイルスを繰り返し罹患する可能性は否定できません。
    新型コロナウイルスの抗体作用については現時点で不明確な点も多く、抗体検査で陽性の場合でも免疫を持っていると過信してしまうことは禁物です。抗体を持っていることで、再感染した場合に症状が出にくいなどの一定の作用は期待できると考えられますが、ご自身が感染源になる可能性もありますのでマスクの着用等、できる限りの感染・拡散防止に努めていただければと思います。

  • 抗体検査を利用される企業のメリットは?

  • 組織内での感染症流行の全体像を把握する指標となります。組織の感染症対策や社内啓発、対取引先へのアピール材料としてご活用いただくケースが多いです。

  • 検体採取時に不備があった場合などはどうすればよいでしょうか?

  • 検体に不備(血液量不足など)があった場合は、GME社からご連絡があります。検体の採り直し用のキットを2000円(税込)にて販売しておりますので、GME社に直接お申し付けください。

  • 従業員の検体を集めている間の保管場所は?

  • かならず冷蔵庫での保管をお願いいたします。冷蔵庫での保存も3日以内にしていただき、できる限り早い返送をお願いいたします。

  • 検査の対象年齢は何歳からですか?

  • 特別に対象年齢を設けておりませんが、基本的には自己採取となりますので、自分で採取できる方はどなたでもご利用いただけます。
    現在の法律下では医師または医師の指導のもと以外で、採血等の医療行為を他人に行なうことは固く禁じられております。
    従いまして小さなお子様やご高齢の方のご利用はお勧めしておりません。

  • 検査キットに使用期限、返送期限はありますか?

  • 検体採取キットはご注文日より6か月以内にご使用ください。6か月を経過したものについては、サービスの保証ができかねますのでご注意ください。

  • 検体を送ってから検査結果が届くまではどれくらいですか?

  • GME社に検体が到着し、2日以内に検査を実施いたします。検査翌日に検査結果を発送いたします。地域差はございますが、検体返送後4~7日ほどとお考えください。

高性能空気清浄機

  • 空気清浄力はどれくらいですか?

  • 閉め切った室内の空気を4~5回換気したのと同等レベルまで空気清浄します。
    なお、カタログの適用床面積は日本電機工業会(JEM)規格でテストした結果です。30分で粉塵を88%除去します。
    <ご参考>JEM1467適用床面積
    自然換気回数1(1回/h)の条件において、粉じん濃度1.25mg/m3の空気の汚れを30分で、ビル衛生管理法に定める0.15mg/m3まで清浄できる部屋の大きさ。*天井高2.4m

  • 室内設置物に付着した菌やウイルスは清浄できるのですか?

  • あくまで空気中の菌やウイルスを除去する製品です。付着した菌やウイルスには有効ではありません。付着菌に対して効果ありとしているイオン浄化をうたう製品もありますが、長時間を要するものがほとんどで付着菌に対しては実用的ではありません。付着菌に対してはふき取り消毒が基本になります。

  • 一般的な空気清浄機との違いは?

  • フィルターにアルミフレームを使用しています。紙製やプラスチック製とは異なり、経年劣化によりフィルターとフレームの間に生じるゆがみを防ぐことにより、十分な効果を発揮します。湿度にも強いので、湿気に左右されることなく使用できます。
    また、フィルター性能自体が極めて優れており、一般のHEPAフィルターの1/100の小さい粒子まで除去できます。
    *独自開発cHEPAフィルターを使用

  • オゾン発生器との併用は可能ですか?

  • 空気清浄機のフィルターでオゾンの効力を消してしまうため併用は難しいといえます。活性炭フィルターが設置されており、オゾンを除去します。

  • フィルターの交換時期はいつですか?

  • 24時間で連続稼働した場合のフィルターの平均寿命は1年です。一般的な稼働(1日8時間程度)であれば、平均寿命は3年ということになります。
    【交換時期】・AG35:LED点滅
          ・AG600/900:フィルター有効期間が表示部にバー表示されます。バーが1本になったら交換時期で、点滅します。

  • フィルターの買い替えはまとめたほうがいいでしょうか?

  • フィルターは消耗品ですので、まとめてご購入されたほうが変わらず効果を発揮いたします。本体と一緒に予備フィルターを購入しておいていただければ、必要なタイミングで交換でき、常に高い空気清浄効果を持続できます。

  • HEPAフィルターとcHEPAフィルターの違いは何ですか?

  • HEPAフィルターではおよそ0.3㎛までの粒子しか捕捉できませんが、cHEPAフィルターでは0.003㎛までの粒子を捕捉できます。これにより、従来品では処理しきれなかったウイルスや大気中のちり、ガス分子や煙草の煙の除去にも有効です。

  • Titanium Pro UV moduleとは?

  • 特許を取得しており、強い酸化作用を持つOHラジカルが菌を無害化します。分解後は水分子と二酸化炭素となって排出されます。光酸化触媒技術(PCO)の酸化効率を独自技術で高めたものが『Titanium Pro UV module』です。菌の無害化と併せシックハウスガスなどのVOCs(揮発性有機炭素ガス)も分解します。

  • アメリカの他社製品との違いは何ですか?

  • フィルターが目詰まりしないことが一番の特徴です。アメリカ製の他社空気清浄機もフィルターはHEPAが一般的であり、その1/100まで取れるcHEPAフィルターを使用していることが大きな違いになります。さらに、cHEPAフィルターは独自の3層構造で目詰まりを防止しているため長寿命です。

  • 室内中央と壁際など設置位置を変更したとき、空気清浄機の効果に変化はあるのでしょうか?

  • 室内の空気をできるだけ均一に循環浄化することが重要です。一般的には壁際の角以外の場所に設置します。なお、背面から吸気しますので、壁との間に最低10cm程度の隙間を確保してください。

オゾン発生器

  • オゾンの危険性は?

  • エアピュアリには人が接近したときに発生量を減少させたり停止したりする機能が備わっており、50㎝近づくと0.5㎎に減少し、20㎝近づくと発生がストップしますので、安心してお使いいただけます。

  • オゾン発生数値を超えることはあるか

  • 超えることはありません。
    6畳の広さで24時間稼働させた場合、初期設定数値を上回ることなく稼働した安全検証データもあります。(0.05ppm設定)
    なお、オゾン濃度の基準値は0.1ppmであり、上記検査結果では0.0429ppmでした。

  • 花粉(ヒノキ)には有効か?

  • ダニやスギのアレルギー物質に対して有用ですので、花粉に対して有効であるといえます。

  • エンジン停止時は作動しないのですか?

  • エンジンには連動しておらず、エンジン停止時は予備電源にて運転が可能です。

  • メンテナンスの方法、頻度は?

  • 1、2か月に1度、濡れた綿棒でオゾン発生部を4~5回ふき取ってください。メンテナンス時に分解する必要はありません。

  • ピュアリとエアピュアリの違いは?

  • ピュアリは車載用でDC24 V、DC12Vとなり自然送風にてオゾン拡散となります。エアピュアリはAC100Vで、ファン送風と安全機能(50㎝近づくと発生が0.5㎎に減少、20㎝で発生がストップ)があります。

  • エアピュアリの取り付け、電源は?

  • 壁掛けタイプとスタンドタイプの2種となります。何れもAC100 Vなので家庭用のコンセントより電源入力となります。

  • ピュアリのバスへの設置工事は簡単ですか?

  • 工事は簡単に行えますが電源を取る箇所には注意してください。予備電源より電気を取ってください。

  • 納品はいつ頃になるのか?

  • 在庫で対応できる発注数の場合、2週間を目安に納品いたします。受注数が多く追加生産を行う場合には1ヶ月半程度のお時間をいただきます。

  • 他社製品との違いは?

  • 電極部がセラミックやガラスで覆われており、湿気を防げることが大きな違いです。他社様の製品は湿度により発生量が低下しやすく寿命が短いですが、本製品は5年以上の長期利用が可能です。

  • 保証については?

  • 購入日より1年間の保証となります。対応年数は5年以上としておりますが、1年の保証の後は有償にて修理となります。

  • 導入に助成金は利用できるか?

  • コロナ助成金のほかに、全国で利用できるオゾン機器に対する助成金があります。オゾンに限定した助成金ですので利用しやすいと思われます。

  • 製品の色は?

  • ホワイトとヘアライン(アルミ色)を標準で用意しておりますが、ご希望によりブラックなども可能です。

  • オゾン装置ステッカーの用意はありますか?

  • オゾン装置1台につき2枚ご用意いたします。

お問い合わせ

事業部

本社営業所

〒556-0011 大阪市浪速区難波中1-10-4 南海SK難波ビル8F

TEL : 06-6641-4010  FAX : 06-6631-3489

東京支社

〒104-0061 東京都中央区銀座5-15-1 南海東京ビル6F

TEL : 03-3543-9677  FAX : 03-3545-3272